説明

 ニューロサイエンス学位プログラムHP
 募集要項:博士前期過程
      博士後期課程
ヒューマンバイオロジー・ヒューマニクスからも入れます!
研究者になりたい人へのHowto: https://botibotide.blogspot.com/2021/10/blog-post.html

・神経経済学シンポジウム:第1回

自己紹介

自分の写真
動物やヒトを対象に神経経済学の研究を行っています。神経経済学には神経科学,経済学,心理学の知識を用います。興味のある方は、h-yamada_at_md.tsukuba.ac.jp へご連絡下さい。筑波大学です。博士前期・後期課程の研究指導担当教員となっています。twitter: @Hiroshi12337131

卒業生

卒業生:田尻涼(2014, 医療科学類)、今泉優理(2018, 医療科学類)久保木亮介(博士(神経科学)2022、現武田薬品工業)

2021/05/05

2021/3/20

 論文準備したので、色々調べてたら、やべぇなこれ。今PNASの採択率14%だそうな・・・・。昔のNature, Sience並っすね。。。論文の増加とインフレがやばいですね・・・こんなインフレについていける研究者は、ほんの一握だろうな。

同じ路線で戦ってはいけないってことですね!この次の弾も速く込めよう(でも、論文ってどれも手を抜けるの無いから、正直作り続けるしかない・・・)
Tier 3: Independent Peer Review
Research papers across all submission routes are peer-reviewed by at least two independent experts. If your paper is sent out for review, your member editor or guest editor selects recognized subject experts to review your work. The editors evaluate the reviewers’ comments and make a recommendation to the Editorial Board member, who makes the final decision to accept or reject your paper. The acceptance rate is currently 14%.

0 件のコメント:

コメントを投稿

Locations of visitors to this page