説明

 ニューロサイエンス学位プログラムHP
 募集要項:博士前期過程
      博士後期課程
ヒューマンバイオロジー・ヒューマニクスからも入れます!
研究者になりたい人へのHowto: https://botibotide.blogspot.com/2021/10/blog-post.html

・神経経済学シンポジウム:第1回

自己紹介

自分の写真
動物やヒトを対象に神経経済学の研究を行っています。神経経済学には神経科学,経済学,心理学の知識を用います。興味のある方は、h-yamada_at_md.tsukuba.ac.jp へご連絡下さい。筑波大学です。博士前期・後期課程の研究指導担当教員となっています。twitter: @Hiroshi12337131

卒業生

卒業生:田尻涼(2014, 医療科学類)、今泉優理(2018, 医療科学類)久保木亮介(博士(神経科学)2022、現武田薬品工業)

2022/02/12

2022/2/6

 先々週から生理学の授業と実習が始まって、それにも関わらず論文書きとか研究サポートやってたら、めっさ時間足りなくなりました。おかげで、

先々週75h
先週 76h の労働時間でした。ひぃ 12h×6daysって中々無い!
今週は、実習の終わりかけと、来週締め切りのグラント書き、勝負の論文の作成と、てんこ盛りですねー
このような激務を自分が実施できるとは、全くもって思ってなかったんですが(一日10hが限界なんで)、可能にしているのは、日曜の運動なのかも?という気がしてきました。
今日の運動、ジョグ16km,84分、5.25min/kmだから結構良いらしい。行きが登りで向かい風で辛かった!
そして、足より肺がついてこなくて、ダメってことが多い。
フォームが維持できてる時は、腹筋、腕の振り、リズム、胸のハリ具合、を維持できて、膝と太もも裏の力を使って楽に走れる!
さ、来週もがんばりますー
そして、今週のジョギング中に実験で大切な内容を思い出しました!これぞジョギング効果!そして、今週は「変革をもたらす者」について考えました。
 変革者と言われてぱっと思いつくのは、リーダーでしょうか。しかし、リーダーって大体、旗振り役で実現可能性は他の人が担保しているように思います。しかし、リーダーのタイプも色々で、調整役で変革を実現する方もいらっしゃるように思います。
 一人で何かを変革できるわけではないので、みんなが魅力を感じるモチベの上がるアイディアを出すか、アイディアを実現するすり合わせを実現するか、ってするのがいい方法なんかな、って思いました。
 ちなみに、誰得でもない「これやれ」系は、多分、不幸を呼ぶ改革なんだろうなーと思いながら、ジョギングしました。
おしまい!

0 件のコメント:

コメントを投稿

Locations of visitors to this page