説明

 ニューロサイエンス学位プログラムHP
 募集要項:博士前期過程
      博士後期課程
ヒューマンバイオロジー・ヒューマニクスからも入れます!
研究者になりたい人へのHowto: https://botibotide.blogspot.com/2021/10/blog-post.html

・神経経済学シンポジウム:第1回

自己紹介

自分の写真
動物やヒトを対象に神経経済学の研究を行っています。神経経済学には神経科学,経済学,心理学の知識を用います。興味のある方は、h-yamada_at_md.tsukuba.ac.jp へご連絡下さい。筑波大学です。博士前期・後期課程の研究指導担当教員となっています。twitter: @Hiroshi12337131

卒業生

卒業生:田尻涼(2014, 医療科学類)、今泉優理(2018, 医療科学類)久保木亮介(博士(神経科学)2022、現武田薬品工業)

2010/12/22

科研費の繰り越しが基金化により可能になった

タイトル通り、研究費の繰り越しが実質的に可能となりました。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20101221-OYT1T00172.htm

これまでも制度上は可能でしたが、手続きがもの凄く煩雑だったり、繰り越し理由が認められないと没収されたりと、実質不可能でした。これはもの凄い進歩です。

1.年末の予算消化のムダが全く無くなる
2.今まで、7月~1月くらいの間しか予算を使えなかったが、通年して使えるようになる。

その他いろいろ良い点はありますが、この2点が達成されただけでも、十分研究を行いやすくなったと思います。本当に良かったです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Locations of visitors to this page