ニューロサイエンス学位プログラムHP
 募集要項:博士前期過程
      博士後期課程
研究者になりたい人へのHowto: https://botibotide.blogspot.com/2021/10/blog-post.html

2009/08/22

ゴールとやる気

研究のゴールの一つは、研究成果を論文として発表することにある。
研究成果が出始めると、より良い成果を求め、もう少し、もう少しと検証を繰り返し、ゴールが先延ばしになっていくことが良くある。

ゴールの先延ばしはやる気の低下をまねくので、頻繁なor大きなゴールの変更は上手に行わなければならないと思う。特に、自分が人の研究を統括している場合には、より慎重なゴールの変更が必要になると思う。

この問題は、研究に限ったことではなく、全ての仕事に当てはまると思う。
変更したゴールが、価値の高い物であること、そのゴールまでの明確な道筋を示さなければ、ゴールの変更は納得しがたいものとなり、部下のやる気は大きく損なわれ、変更前よりも悪い状況に陥ることも大いにあり得るだろう。俺についてこい、みたいなやり方ではだめなんだろうな。たとえ、論理的に正しいゴールの変更なのだとしても。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Locations of visitors to this page